• アプリケーション

    Sercosオートメーションバスを使って、持続可能な競争力のある優位性を手に入れましょう

連絡先

Sercosアジア 
日本事務所

045-620-2021
info-japan@sercos.com

ニュースレター

無料のニュースレターの定期購読に申し込むと、常に最新のSercosニュースが入手できます。

申し込み

 

 

マシンツール Machine tools

Graebener グループ: 液圧プレス向けフルオートメーション、レックスロス社より

新しく実装したマシンの生産力の増強

グローバルに、自動車メーカーは2つのチャレンジに直面しています: 燃料消費量を下げ、排気物質を減少させることです。エンジン技術の改良に加えて、特に燃料消費量を削減するため車体の重量を減らすことに焦点を合わせています。新合金は、より薄いにもかかわらず、同じ以上の強度をもち、この目標に決定的に寄与しています。ハイドロフォーミングはしたがって、現在、大量生産におけるルネッサンスになっています。Grabener Maschinentechnik GmbH & Co. KG社は、ハイドロフォーミングプレスのメーカーかつハイドロフォーミングプレスの世界最大のオペレーターであり、レックスロス社のIndraMotion MLC Motion Logicシステムを採用しています。そのシステムには、プレス制御向けに、油圧とSercosバスシステムが事前定義されています。

Sercos記事「液圧プレス向けフルオートメーション、レックスロス社より」全文を読む (英語)

WINEMA ロータリーインデックスマシン - レックスロスで20%効率アップ

RV10 Flexmasterは、レックスロスのカスタムオートメーションで生産性アップ

短サイクル時間に加え、マシンツールの生産性はますます、変更にかかる労力で決まっています。このトレンドを踏まえ、WINEMA Maschinenbau GmbH社は、従来のカム制御主流の市場セグメントに、CNC制御ロータリーインデックスマシンを導入しました。最少直径2mmの小工作物向け新開発RV10Flexmasterで、WINEMA社は、分散インテリジェントな電気油圧ドライブと、レックスロス製IndraMotion MTX CNCシステムソリューションを採用しています。Sercosオートメーションバスは、両ドライブ技術の円滑な統合のために高性能プロファイルを提供します。この20%の生産性向上は、従来のソリューションとの比較です。

Sercos記事「WINEMAロータリーインデックスマシン」全文を読む (英語)

NOVA M12グラインディングマシン: 簡素化された構造で、精密と速度を増大

新NOVA M12システム向けに、グラインディングシステムの世界主要メーカーMECCANICA NOVA社は、オートメーション全体に、Sercos汎用バスと、ボッシュレックスロス社システムの精度と速度を合わせて実装しました。より柔軟、より迅速そしてより簡単に実装できる第三世代Sercosは、革新的なマシンコンセプトで生産の全工程を改良します。

Sercos記事「NOVA M12グラインディングマシン:」全文を読む (英語)

産業イーサネットにより、マシン構築をさらに柔軟に

インテリジェント工場は、産業エンジニアリング自体と同じくらい長い間の夢です。製品の生産に並行して労働者とワークステーションの数が増えるにつれて、通信とコントロールへの要求も高まります。かつて厳格な労働サイクルで定義したことが、現在は情報チャンネルで行われ、企業の神経系を構成しています。

Sercos記事「マシン構築におけるイーサネット(Part 1)」全文を読む (英語)

産業オートメーションのトレンドと課題

かつては、すべてが非常にシンプルでした。マシンが工場の作業現場のペースを設定しました。リズムを完全に維持することで作業はより効率的になりました。今日の最新生産環境では事情が異なります。変化へ迅速に対応することが、通常の日常作業で高い生産性に寄与する新たな成功要因となります。どれだけ用意周到に準備しても、あらゆる不測の事態を計画することはできません。

記事「マシン構築におけるイーサネット(Part 2)」全文を読む (英語)

高性能で試験済みの信頼性あるデータトラフィック

最大限の効率は、あらゆるマシンメーカの目標です。どのプロジェクトも、結果と費用の最適バランスにどの程度までせまったかで判断されるべきです。したがって、新技術は単に新しいからではなく、不要なコスト増をせずに効率を上げるという理由で採用されます。

Sercos記事「マシン構築におけるイーサネット(Part 3)」全文を読む (英語)

企業が安全に体系的に変更を習得するには?

「人はすべての古いものを愛するべきであり、一方新規は生かされなければならない。」とテオドール・フォンターネは著書「シュテヒリン湖 (Der Stechlin)」で提言しています。しかし、これは一般的に言うは易く行うは難しであるのは、新技術への切り替えは多くの障害を含んでいるためです。機会と、リスク、費用について、比較評価する必要があります。そして、慣れ親しんだものに別れることが好きな人はいないという、感情的要素もあります。

Sercos記事「マシン構築におけるイーサネット(Part 4)」全文を読む (英語)