• アプリケーション

    Sercosオートメーションバスを使って、持続可能な競争力のある優位性を手に入れましょう

連絡先

Sercosアジア 
日本事務所

045-620-2021
info-japan@sercos.com

ニュースレター

無料のニュースレターの定期購読に申し込むと、常に最新のSercosニュースが入手できます。

申し込み

 

 

包装産業 Packaging industry

長いリーシュ上の可動転送ユニット

ケルンに近いヒュルトにあるGEA Lyophil GmbH社は、60年間、製薬産業向けの凍結乾燥システムを開発・構築しています。同社はこの分野の、特に凍結乾燥器の自動ロード、アンロードシステム領域をリードする会社です。シュナイダー・エレクトリック社の統合サーボドライブを使用して、最新装置の可動性を改良してきました。

記事全文「長いリーシュ上の可動転送ユニット」を読む (英語)


レックスロス社、新世代サーボ駆動ケース包装機の合理化を支援

Brenton Engineering社は、現在のエンドユーザのトレンドである「グリーン製造」を超える、サイドローディングケース包装機の新ラインを設計しました。コンパクトなフットプリントで、スピードを速め、エネルギーコストを削減するサーボ制御を特徴としています。

Sercos記事「レックスロス社、…合理化を支援」全文を読む(英語)

Sercos、Signalbusを置換え

何年もの間、Signalbusという名前でシューベルト社が社内で開発してきたバスは、TLM包装機でコントローラをリンクするのに使用されています。第5世代の最初のTLMマシンは現在、Signalbusの代わりにSercosで通信をします。

Sercos記事「Sercos、Signalbusを置換え」全文を読む (英語)

より柔軟性の高い一貫性のあるモジュール方式

Wilhelm Rasch GmbH & Co. KG社は完全サーボ駆動の製菓包装機を導入しました。マシンの印象的な柔軟性は、力学的な側面と、エレクトロニクス、ソフトウェアを合体したモジューラーデザインがうまくいった結果です。同社は、PacDrive3でマシンを自動化するためにシュナイダーエレクトリック社のプロジェクトパートナーになりました。Sercosの果たした役割をご覧ください…

Sercos記事「より柔軟性の高い一貫性のあるモジュール方式」全文を読む (英語)

ロボットが搬送するフローラッパー、Sercos IIIで制御

要求の厳しい食物関連アプリケーション用のロボット搬送フローラッパーの開発の仕事を課された、包装機専門のTekpak社は、Sercos IIIモーションコントロールとオートメーション製品が、価格的に、信頼性のある高性能性をもつマシンを単純に使用するためのカギであることがわかりました。技術的進歩は、ビジネスとITの世界を変え、現在は包装産業を含む産業オートメーションでも同様な変化を起こしています。より多くのインテリジェントなマシントゥーマシン(M2M)通信は、必要な場所で、機械性能データをリアルタイムで収集し、分析、反応することを可能にします。目標は、効率と柔軟性を向上させながら、包装機ダウン時間を最小限に減少させることです。

「ロボット搬送フローラッパー」記事全文を読む (英語)

サーボ技術は、よりコスト効率の良いマシン構築のキー

今年のInterpackショーでは、新発売のプリイドバッグ用のバッグ充填、および縫合機Fawema FA217が発表されました。新しいマシンは、シュナイダーエレクトリック社の自動化技術を装備し、最新サーボドライブのソリューションが、単に柔軟性を高める以上のことができることを実演します。FA217で、同社は、製造と運用コストも同時に抑えることができました。

Sercos記事「サーボ技術がカギ」全文を読む (英語)

毎秒0.5秒のシュガースティック - レックスロス製リアルタイムオートメーション搭載のイタリアの充填機

美食処からオフィスまでいたる所にあるもの:様々な形のシュガー小袋とシュガースティックは、ホットドリンクに欠かせません。ヨーロッパだけで、毎年数億が消費されています。0.5セント(1/100ドル)を下回る商品単価では、低コストと最も高いスループットが生産に不可欠です。イタリアのM.F.snc Macchine automatiche社は現在、これらの小袋の充填向けに、新規高性能マシンを提供しています。M.F.社は、Sercosオートメーションバスによるリアルタイム通信を使う、レックスロス社の合理的なオートメーションを採用しています。

Sercos記事「毎0.5秒のシュガースティック」全文を読む (英語)

ティーバッグの製造

時を越える喜びのためのリアルタイム通信。産業用品から消費者用まで、1日の充填は100万回: ティーバッグは今年、誕生して100年を迎えます。ドイツのLowerライン地域にあるTeepack Spezialmaschinen GmbH & Co. KG社は、Teekanne GmbH& Co. KG社の子会社であり、60年間ティーバッグ製造用機械を生産しています。世界のマーケットリーダーとして、Teepack社は、ティーバッグ製造を現在のトレンドに合うように新たなモジュールの開発を継続しています。マシンステーションのドライブは、Sercos IIIリアルタイムで相互に通信します。これにより、PERFECTAは1分あたりティーバッグ400個のクロックサイクルに達しています。

Sercos記事 「ティーバッグの製造」全文を読む (英語)

産業イーサネットにより、マシン構築をさらに柔軟に

インテリジェント工場は、産業エンジニアリング自体と同じくらい長い間の夢です。製品の生産に並行して労働者とワークステーションの数が増えるにつれて、通信とコントロールへの要求も高まります。かつて厳格な労働サイクルで定義したことが、現在は情報チャンネルで行われ、企業の神経系を構成しています。

Sercos記事「マシン構築におけるイーサネット(Part 1)」全文を読む (英語)

産業オートメーションのトレンドと課題

かつては、すべてが非常にシンプルでした。マシンが工場の作業現場のペースを設定しました。リズムを完全に維持することで作業はより効率的になりました。今日の最新生産環境では事情が異なります。変化へ迅速に対応することが、通常の日常作業で高い生産性に寄与する新たな成功要因となります。どれだけ用意周到に準備しても、あらゆる不測の事態を計画することはできません。

Sercos記事「マシン構築におけるイーサネット(Part 2)」全文を読む (英語)

高性能で試験済みの信頼性あるデータトラフィック

最大限の効率は、あらゆるマシンメーカの目標です。どのプロジェクトも、結果と費用の最適バランスにどの程度までせまったかで判断されるべきです。したがって、新技術は単に新しいからではなく、不要なコスト増をせずに効率を上げるという理由で採用されます。

Sercos記事「マシン構築におけるイーサネット(Part 3)」全文を読む (英語)

企業が安全に体系的に変更を習得する方法

「人はすべての古いものを愛するべきであり、一方新規は生かされなければならない。」とテオドール・フォンターネは著書「シュテヒリン湖 (Der Stechlin)」で提言しています。しかし、これは一般的に言うは易く行うは難しであるのは、新技術への切り替えは多くの障害を含んでいるためです。機会と、リスク、費用について、比較評価する必要があります。そして、慣れ親しんだものに別れることが好きな人はいないという、感情的要素もあります。

Sercos記事「マシン構築におけるイーサネット(Part 4)」全文を読む (英語)