• Sercos技術:

    実績、容易、高速、オープン

ロードマップ

1990年代初め以来、Sercosデジタルドライブインターフェースは要求の厳しいモーションコントロール・アプリケーションに対応する、世界的に認められたリアルタイム通信標準に発展しました。その魅力は、インターフェースの優れた技術特性、とくにリアルタイム、性能、信頼性に関する特性と、極めて広い製品範囲と供給範囲に基づいています。2005年に最初のプロトタイプが市場に投入されたSercos第三世代の成功の秘訣:「試験済みのSercosメカニズムを維持した上で、イーサネットの伝送媒体とプロトコルを使用しています」。今日では、Sercos III はグローバル業界標準として確立され、数百万ノードで現在も同じハードリアルタイムメカニズムを使用しています。この20年で3つの技術世代だけが存在し、それぞれが現在も要求の厳しいリアルタイム通信で最先端にあります。

Sercosの世代比較

仕様の更新はメーカーとユーザーの要求に常に影響を与えます。その過程で、通信プロトコル、多様な機能、デバイスプロファイルに基づき、拡張や改良がなされます。各仕様を拡張する場合は、それぞれ既存の仕様と完全に互換性をとります。これにより、高度な標準化と、多様なメーカーのデバイスの相互運用性が、継続して保証されます。

承認済みの仕様書は、Sercos Wikiから PDF形式の電子文書の形で入手できます。 (https://wiki.sercos-service.org).Sercos Wiki は、開発に伴う非常に優れたドキュメントであり、またドキュメントが部分的または個別ドキュメントとリンクしているために総合的な参考資料となっています。

Sercosユーザーグループの会員は、非公開のプロトコルや暫定仕様書にアクセスできるので、市場の情報や競争上で優位であるというメリットがあります。また、会員は、技術開発や戦略的方向性に影響力をもてる可能性があります。

現在、Sercos International 本体は既存の仕様書を拡大し、新しい機能プロファイルに取り組んでいます。増大するアプリケーションの多様性がもたらす要求にも対応しています。この革新には、計測と試験用の機能プロファイル、サーボドライブ電源、コントロールユニット、コントローラ間通信が含まれています。予防メンテナンスと、プラントと機械サービスのためのプロファイルも規定されています。この状態監視プロファイルは、いずれVDMA規格の「工場オートメーションにおける、条件監視システムのためのフィールドバス中立参照アーキテクチャー」をベースとするようになります。ODVAとOPC Foundationとのパートナーシップによる、マシンイニシャチブからの結果も加えられます。